R&D

研究開発

研究開発

私たちは、現代社会で必要とされる物質材料の研究開発をはじめとして、宇宙開発事業にも貢献する未来物質の創生まで取り組んでいます。現在、エネルギー利用に伴う環境負荷の軽減を主たる目的として、岩石や灰等の繊維化・粒子化・複合化に関する取り組みを重点化しています。大学連携ベンチャー企業としての戦略の有効性の実証を通じて、産官学モデルの一つのあり方を提示し、産業全体の活性化に寄与することを目指しています。

Bashfiber®

概要

Bashfiber®は石炭灰溶融紡糸技術を利用した連続長繊維の製品名称です。

高機能繊維用途への適用

Bashfiber®には高機能繊維としての性能を付加することができます。
例として次のような分類・複合・用途が考えられます。

分類 複合 用途
放射線 コンパウンド 放射線遮蔽繊維
放射線医療施設
放射線遮蔽コンクリート
その他
樹脂添加
コンクリート
補強 コンパウンド 樹脂成形品
構造物補強素材
強化コンクリート素材・モルタル
補修素材
その他
樹脂添加
コンクリート
耐熱性 コンパウンド 樹脂成形品
エンプラ成形品
断熱素材、絶縁素材
塗料素材(フィラー)
その他
樹脂添加
コンクリート
誘電率 コンパウンド 樹脂成形品
塗料素材(フィラー)
絶縁素材
その他
樹脂添加
水素耐性 コンパウンド 樹脂成形品
耐圧素材
その他
樹脂添加

バッシュファイバー®複合素材の名称

BRP(Bashfiber® Reinforced Plastics)
バッシュファイバー®強化プラスチック

BRTP(Bashfiber® Reinforced Thermoplastics)
バッシュファイバー®強化熱可塑性プラスチック

BRC(Bashfiber® Reinforced Cement)
バッシュファイバー®強化セメント

BRR(Bashfiber® Reinforced Rubber)
バッシュファイバー®強化ラバー

BRTP(Bashfiber® Cloth)
バッシュファイバー®布

企業と大学の共同組織

弊社を創業するにあたって、バテル記念研究所 (Battelle)を参考にしました。Battelleは大学などと共同の研究組織を作りつつ、米エネルギー省(DOE)の主要研究所の研究戦略を良い方向に導き、数々の事業化に成功しています。私たちも、研究においては、大学と共同で取り組み、そこで得られた知識を整理して深く洞察することで、企業活動としての価値を分析し、必要に応じて社会に広める取り組みに従事しております。そして、共同においては、新しい価値を共に創出した際の達成感と共鳴を重視し、研究実施者との関係性を尊重しています。

National Aeronautics and Space Administration

宇宙航空研究開発機構

東京大学

量子科学技術研究開発機構

電力会社

SCK・CENベルギー原子力研究センター

ページの先頭へ